高いビル

土地や住宅を購入してマイホームを手にすることが出来れば、生活の幅が広がります。賃貸物件での生活には何かと制限が伴います。とりわけマンションやアパートなどの集合住宅では、独自の規約を受容することが不可欠の前提とされており、色々なローカルルールに煩わしい思いを抱くことになるでしょう。

また隣人や階下の住人との間で、何気ない日常生活の過程で生じる生活騒音などを巡って深刻なトラブルが発展することもあります。また賃貸物件で長期間生活を継続して、家賃を支払っても安定した資産を形成することも出来ないのです。そこで土地や住宅などの不動産を購入して、マイホームを手に入れることで、自分らしい生活を手に入れることができます。

しかしながらマイホームなどの不動産は、底地の広さや延べ床面積がさほどの規模でない場合でも、相応の出費が伴います。失敗すれば回復困難な経済的、心理的損失を覚悟しなければならない訳です。

そこで重要なタスクとしなければならないのは、失敗しない不動産購入を実践することにあります。場合によっては相続した不動産を売却した代金で、マイホームの購入資金の足しにする局面もあるかもしれません。不動産を売却したときには、税金対策がポイント。税金対策をおざなりにしたり、失敗すると大きく現金を入手することは困難です。税金対策の知識なども、貪欲に勉強することも求められます。

マイホームで生活を開始するには、生活に役立つ知識も色々と活用する場面があるものです。これまで生活の本拠を構えていた箇所からの引っ越しにおいても役立つ知識があります。引っ越しでは転居先の入口を確認したり、家電設備のサイズを確認するなどの事前準備が必須です。サイズ計測もしないまま漫然と荷物を梱包したところ、搬入することが出来ないことが判明し、クレーン車などの調達が必要になって余計な費用がかかってしまうような事態は回避したいものです。

いよいよ夢のマイホームで生活をはじめたら、トラブル回避を心掛けることがポイントです。賃貸マンションなどのような集合住宅ほど、配慮する必要は低いとは言え基本的に転勤などの事情でもない限り生活の本拠になるので、隣人トラブルなどは避けるように注意するべきなのは言うまでもありません。近所トラブル防止に役立つのは、引っ越し時のあいさつや普段の何気ない声がけなどで、隣人に不信感や警戒感を抱かせないことは最低限必要です。

記事一覧
フリーレントの賃貸物件を探してお得に引っ越し!

賃貸物件で部屋探しをしていると、フリーレント物件がヒットする場合があります。フリーレント物件とは一定期間の家賃が無料になっている賃貸物件のことです。この名前を耳にしたことはなくても、入居後1ヶ月家賃無料、などを謳ってキャンペーンの目玉にすえている場面を目の当たりにしたことは無いでしょうか。多くの場合は入居後一定期間がキャンペーンの対象になっているので、初期費用を低く抑えることが実現します。 初期費用の安さが人気を集め、フリーレント物件は高い人気を誇ります。しかし入居者にとってメリットばかりのように見えますが、利用方法を間違えると逆にデメリットを痛感することも。そこでフリーレント物件のメリットやデメリット、この契約形態を利用するときの注意点などについて、ご紹介します。 フリーレントの契約形態を採用するのは、URや築年数が経過したアパートなどを想定するかもしれません。しかし実際にはマンションやオフィス・タワーマンションなども含まれています。家主にはデメリットばかりのように見えますが、賃貸物件のアピールポイントにすることで入居を促し空き室リスクを回避できるというメリットがあります。 空き室を回避するには家賃を下げる選択肢もあります。しかし安易に家賃をさげるということは、人気がないことを宣伝しているような行為です。もちろん家賃を下げることで、長期的な収益も大きくさがります。そのようなリスクを蒙るくらいなら、フリーレント物件にして1-3ヶ月程度の家賃無料を甘受すれば、その後は安定した収入を見込めるわけです。 もちろん借主サイドにも大きなメリットがあります。たとえば今すぐには引っ越しできない場合は、新居をキープするために、旧賃貸物件と家賃の二重払いを余儀なくされる場合があります。この点、フリーレント物件に入居すれば二重払いをすることもなく、ゆっくり時間をかけて新居に荷物を搬入して充実した環境の中で新生活をスタートすることがかないます。 ただしフリーレント物件を利用するときには、注意点があります。それは一定期間の入居期間が前提にした契約形態を取っていることにあります。例えば二年間の入居期間が契約で決められている場合、中途で退室して転居すると違約金を徴収されることになります。短期間で転居の可能性が想定されるような条件で生活している場合は、むしろデメリット。またフリーレント物件は数が少なく人気が高いので、入居できるチャンスは限られているのも注意点の一つです。

2019年09月20日
賃貸物件の又貸しを行ってはいけない理由とは?

賃貸物件で日常生活をおくるためには、持ち家とは異なったルールに従う必要があります。例えば賃貸マンションのなかには、学生向きの物件から看取できるように、学生や女子学生に居住を限定している場合が珍しくありません。これは貸主の意向で、賃料の延滞のリスクが少ない学生層にターゲットをしぼって事業展開しているというマーケティング戦略を見ることが出来ます。賃貸物件ごとに色々なローカルルールが設定されていますが、消費者契約法などの消費者保護関連法規などの強行法規に違反しないかぎり、契約自由の原則のもとで効力を認められています。 これに対して、賃貸物件では全般的に禁止されている事項が民法などに規定されているのは御存知でしょうか。代表的なものに賃貸借契約時の又貸しの禁止というものがあります。又貸しとは借主がさらに別の第三者に貸し出して賃料を収受するというものです。賃貸物件において又貸しは、規約の有無に関係なく、契約違反を構成し違約金の対象になったり、最悪の場合退去命令の主要な根拠になる場合があるわけです。 又貸しは民法第612条において、転貸行為として規制されており違約金の支払いどころか、直ちに契約を解除し貸主からの退去命令に正当化事由を与えるものです。転貸の事実が認められれば契約違反による退去命令すらも民法が規定しているのは、又貸しには貸主と借主の信頼関係を根本的に破壊する側面を有しているからです。 厳密に言えば又貸しに該当するのかは、微妙な問題になりますが貸主と借主の間でトラブルになりやすいのがカップルが同棲を行う場面です。カップルで同棲を始める場面を想定する場合、家賃の相互負担をすることがあり得ますが、又貸しというのは現実的には可能性が少ないとの反論も予想されるところです。 この点貸主、つまりオーナー側からすると、入居時に借主の審査を行っているにもかかわらず、借主の一方的な事情変更でカップルで同棲を開始すると、騒音トラブルを初めとして迷惑行為の温床になる可能性は否定できません。また賃貸物件が単身者中心の賃貸物件であれば、日常生活のなかで隣人とのトラブルが発生するリスクは一層高くなります。 又貸しには厳密には該当しない場合でも、カップルでの同棲を前提に入居審査を通過しているときはともかく、入居後にカップルで同棲を開始することは、貸主から又貸し事例と判断されて退去を迫られる事態もありえます。又貸しはもちろんダメですが、カップルでの同棲は貸主の承諾を得るのがエチケットです。

2019年08月26日
住宅ローンの審査に通るために必要なこととは?

分譲マンションや一戸建て住宅を購入するときには、巨額の資金計画をたてることが必須です。マイホームを購入する場面では、ひとまずまとまった現金が必要になります。手持ちの貯蓄や資産で一括払いをできるのはむしろ例外的で、銀行などの金融機関で住宅ローンを利用するのが一般的なスタイルになります。 具体的には頭金を工面したりして不足分を住宅ローンで補うのが典型的です。しかし実際に融資を受けるには金融機関などの審査を通過することが前提になります。巨額の融資になるだけに、厳密な審査を受けることになり、通過できなければ分譲マンションや戸建て住宅などのマイホームの夢を諦めなければならないことも。そこで住宅ローンの審査を通過するために注意するべき事項はどこにあるのか、検討してみましょう。 住宅ローンの審査は金融機関が実施する事前審査と、正式申込みの後に実施される本審査の二段構えで実施されることになるのが特徴です。第一段階では、購入する不動産の価額やローンで融資を受ける人の信用度などが対象になります。信用度とは主に収入を意味していますが、より具体的には住宅ローンを返済できるだけの収入を見込めるか・想定する金利の元で年間の返済負担額が年収の何割にあたるのか、などの事情を広く含みます。住宅ローンの適正な目安は年収の7-8倍程度と考えられているので、最近では将来の破綻を防止するべく厳しく判断される傾向があります。 第一段階を通過しても、正式な申し込みとともに第二段階の本審査を通過する必要があるのです。この第二段階では、より厳密に判断されることになり対象項目も幅広くなります。完済時の年齢や契約者の勤続年数や雇用形態・勤務先の事業内容や将来性、用意できる頭金と融資希望額との兼ね合いや健康状態などが考慮されます。これらの要素は、契約者の年齢や健康状態、契約者の経済状態全般、頭金や融資額、金利の妥当性などをピックアップできます。これらの要素は大きく分けると、契約者自身と経済状況、そして想定している住宅ローンの内容など3つの範疇に分類することが可能です。 これらの条件を全て充足できれば、ほぼ問題なく住宅ローンの審査を通過することが出来るでしょう。しかしどれかの要素に不安があるときは、別の要素で補完することが必要になります。例えば年齢がネックになる場合には、頭金の比率を高くして、不動産購入のための融資額を少なくするなど、不備をカバーすることがポイントになるわけです。

2019年08月07日
仲介手数料のかからない賃貸物件探しのコツ

賃貸物件で住まいさがしをするときには、不動産会社を利用するのが一般的です。個人同士で賃貸物件の貸主と借主をマッチングするというのは、親族などの特別な人間関係が存在するなど例外的事例です。不動産会社を利用することは借主にとっては、色々の条件の中から予算や希望にあった物件を選ぶことが出来るというメリットがあります。 他方で貸主にとっては、借主の紹介を受けることで空き室リスクを回避することができるわけです。不動産会社は賃貸借契約の成立に至るまで、広告や登録機関のデータベースで相手方を探すなど色々なスタイルでサポートしてくれます。その見返りとして仲介手数料の支払いを受けることで収益の原始にしているわけです。ところが最近では仲介手数料の支払いが不要な賃貸物件が増加しています。初期費用を抑える観点でもとても魅力的です。それでは仲介手数料フリーの物件探しを行うコツはあるのでしょうか。 まず抑えておくべきなのは、賃貸物件における仲介手数料は、家賃1月分が上限と言うことです。ただ貸主と借主、いずれが支払うべきなのかは特に規定されていません。例えば貸主から半月分の手数料を得ることが出来れば、不動産会社が借主から請求できるのは半月分が上限となります。最近では住宅市場は飽和状態になり空き部屋も目立つようになりました。オーナーにとっては空き室が出るということは、その部屋の分の家賃が全く入ってこないことを意味します。比較して類似した物件があれば、仲介手数料無料の方が、部屋探しをしている人にとっては魅力的にうつります。1月分の家賃程度は負担してでも、空き室リスクは避けたいのがオーナーの本音です。 賃貸物件の情報サイトを検索しながら比較対照してみると、仲介手数料無料を謳う物件がヒットするでしょう。これはオーナーサイドが仲介手数料を負担することで、初期費用を安くして入居を促す意向が反映されているといえます。 最近では、さらに初期費用を抑え、入居を促すために礼金や敷金の全部または一部を免除している賃貸物件も増えています。情報サイトで検索すると、敷金や礼金などがすべて免除になる賃貸物件も数多く紹介されているはずです。賃貸物件のオーナーにあっては空き室リスクは最優先で、回避したい状況です。そのような意向から仲介手数料無料や、敷金礼金免除物件が増加しています。ただし初期費用を抑えることが出来ても、毎月の家賃は高めに設定されている場合もあるので、相場額はチェックしておきましょう。

2019年07月23日
不動産の売却時にも税金はかかる!覚えておいて!

不動産は取得する時に各種の税金が必要ですが、売却時にも税金が発生します。特に取得したときの価格を超えた金額で売却できたときには利益が発生しているので注意を要します。土地や建物などの不動産の売却時に課税される可能性が高い税金の各種と計算方法や税務署への手続きなどについて、基礎的知識を確認しておきましょう。 まず買主に登記名義を、売主から買主に移すためには登録免許税が必要です。登録免許税とは登記名義を買主が取得することで、第三者に所有権を主張できることが可能になる点に、経済的利益を見出して貸される税金のことです。売買登記申請の時に収入印紙で納付することになり、計算方法は固定資産税評価額対して土地の場合は1.5%、建物の場合は2%を乗じて算出される金額を納付します。移転登記により利益を得るのは、買主なので登録免許税を負担するのは買主なのが一般的です。 売却時に問題になることが多いのは、不動産譲渡所得税になります。不動産譲渡所得税は正式にいうと、所得税と住民税からなります。不動産の譲渡所得は他の給与所得や事業所得などとは別に計算される、分離課税方式を採用している特徴をもっています。税金の課税標準になる譲渡所得は、単純に売却代金全額というわけではなく、取得費用や付随する手続きの経費などは控除した金額について税金がかされます。 譲渡所得にかかる所得税や住民税は、売却対象不動産の保有期間が5年を超えているか否かにより最高税率が異なってきます。所有期間が5年をこえるときは、長期譲渡所得と認定されて、最高税率が20.315%(所得税15%+住民税5%など)が適用されることになります。これに対して保有期間が5年未満の場合には短期譲渡所得と認定されて、最高税率が39.63%(所得税30%+住民税9%など)と高額な税率が適用されることになるのです。このような差が存在するのは、土地ころがしを中心にした投機取引を防止するためです。 ところで取得費用や経費の総額などは、税務署のサイドでは把握できないので、確定申告が必要になります。つまり不動産の譲渡所得に関する譲渡所得税は確定申告をすることで、管轄税務署に納付することになります。それというのも購入価格や取得原価・経費などは確定申告で必要書類を元にして証明するほか、税務署にとっては事実の認識の仕様がないからです。とにもかくにも不動産の売却があったときは、確定申告を忘れないようにしましょう。

2019年07月04日
タワーマンションに住むのはメリットが多い?

首都圏や大都市部を中心に高級マンションが高い人気を集めています。特に東京23区内の都市再開発事業の展開にともなって、池袋や品川など副都心エリアや東京ベイエリアを中心に大規模なタワーマンションが建設され、売り出すやいなや即完売する事例など、大手メディアでも報道されるほどの人気で話題を呼んだのは記憶に新しいところです。 ここで改めてタワーマンションの意義を確認しておくと、高層ビルに肩を並べるほどの高階層建築物で、各専有部分の居住性能が高く各種の共用施設が充実している高級マンションのことです。都市再開発事業は東京都23区内で盛んに展開されていますが、タワーマンションはエリアのランドマークとして計画されていることもあり、都市再開発事業を担う大手デベロッパーのなかには、ブランドを展開しブランディングの一環として取り扱われている側面もあります。 タワーマンションが高い人気を誇るのは、駅直結や駅近などの利便性が高い場所に立地していながらも、高級住宅エリアに所在を構えていることから資産価値が下がりにくい点を指摘することができます。しかしながらタワーマンションには利便性や資産価値の高さなどのほかに、独自のメリットを備えている事実も付け加える必要があります。タワーマンションの、オートロックや監視カメラを要所に設置するなどセキュリティ機能の充実ぶりは注目するべきです。一般マンションに比較してもダブルオートロック・監視カメラに有人の管理体制など、多くの人間が行き交うタワーマンションの特性に配慮されたセキュリティ性の高さは、女性や子供のいるファミリー層へのおすすめポイントです。 さらに独自のならではのメリットとして、ホテルライクな共有施設のバラエティの豊富さと、クオリティの高さもおすすめする理由のひとつと言えます。入居者であれば無料で利用できるフィットネスクラブや、ラウンジなどは標準仕様ともいえるほどの共有施設の充実ぶりです。休日や空いた時間を有効活用してフィットネスジムで汗を流すのは、入居者の特権ともいうべきもので非常に魅力的です。ホテルライクなサービスとして、コンシェルジュを日中滞在しているタワーマンションも一般的で、配送荷物の委託なども対応しているので、多忙なかたにもおすすめです。低階層なら比較的リーズナブルな賃料の分譲賃貸が公開されていることも魅力的です。

2019年06月14日
土地を購入するにはどんな手続きが必要なの?

土地は普段の買い物で入手できる動産類とは異なって、対面販売で完結する仕組みが採用されているわけではありません。土地などの不動産は高い経済的価値を持っているだけに、厳密に各種の手続きを踏んだ上でその都度必要な費用を払うことで初めて確定的に所有者になることができるのです。そこで土地の購入に伴う手続きを確認しながら、必要な手続きの費用や税金なども確認しておきましょう。 まず土地を購入するには、一般的には不動産会社を媒介に依頼するのが一般的です。売主を直接見つけることが出来るのは、知り合いや知人など特別な人間関係にある人の中に取引相手を見つけるような例外でもないかぎり不動産会社を利用する他ないからです。不動産会社は自社のサイトや新聞などの広告媒体で宣伝活動をしたり、レインズと呼ばれる不動産会社同士のデータベースなどに物件情報を公開し、購入希望者が現れるのを待ちます。その後は購入希望者と売買契約締結に至るまでの、諸般の手続きを不動産会社が行います。手数料として不動産会社が得るのは仲介手数料。仲介手数料は買主との売買契約が成立したことに対して支払う成功報酬のことで、消費税もあわせて必要です。 売買契約が成立しても、権利を確定的に取得するには登記名義を買主に移転する登記手続きが必要になります。登記名義を移すには登記費用が必要です。登記費用とは登記手続きの専門家である司法書士に支払う手数料のことです。所有権移転登記の際には収入印紙で登録免許税を納付する必要があります。この収入印紙は買主が全額負担するのが原則になります。 不動産会社では登記名義を移すのと、売買代金を払うのは同時に行うのが一般的なので、登記名義を移す手続きと同日に、売買代金を全額支払うことになります。土地には減価償却の概念がないので消費税は不要です。 土地の所有権を取得すると、不動産所得税や固定資産税の税金負担も発生します。固定資産税とは市区町村に納入する不動産を所有している点に着目してかされる地方税のことです。自治体が評価している固定資産税評価額に対して、1.4%の税率を乗じて計算することが出来ます。不動産所得税とは土地や家などの不動産を取得した事実に、経済的価値を見出し課される地方税の一種です。はじめて不動産を取得したときのみ、税金を支払うことになる点や、毎年支払う固定資産税とは異なります。不動産取得税は固定資産税評価額に、税率の3%(本来は4%ですが軽減措置があります)を乗じることで計算できます。

2019年05月31日